デジタルイラストならシェア数シェアNo.1のクリスタがおすすめな理由

更新日:

クリスタ 価格

デジタルでイラストを描く時に必要なのがペイントソフトです。

そのソフトにも種類があって、適切なソフトを選べるかどうかで、上達速度が変わってきます。

ここでは、なせクリスタなのか?を説明するので、検討中の方は参考にしてください!

無料ソフトを試している時間がもったいない!

上手くなるには兎に角、絵を描く事です。

まよって時間の浪費をするくらいなら、優良が約束されているクリスタで描き始めた方が無駄が無くて良いんです。

クリスタはピクシブや専門学校でも使われているソフト

クリスタ(PRO)は5000円の有料のソフトですが、SNS最大規模のピクシブでも使っている人が多いですし、イラスト系専門学校やプロも使用している信頼性の高いソフトです。

また、すでに大勢の人が使っているのでバグや便利なチュートリアルの情報が見つけやすいです。

こういう所もクリスタのメリットですね。

有料である事のメリット

クリスタは有料です。グレードによって値段は違いますが、PROだと5000円で、より高機能なEXは23000円です。

 

「じゃあ、無料ソフトで良いや~」と言う人もいますが、有料にも大きなメリットがあるんです。

それはバグや要望対応などのサポートがある事ですね。また仕事としてクリスタを開発しているので、突然の開発終了!なんて可能性が低いのも良いと思います。

無料ソフトだとサポート対応が遅いとか、バグの放置などもあるので・・・

クリスタを選ぶ理由まとめ

クリスタを選ぶ理由をざっと話したのですが、下に要点をまとめました。

クリスタの理由

  • クリスタはピクシブや専門学校、プロの利用者が多く信頼できる
  • 無料ソフトを探すなら、その時間で絵を描く。そのためのクリスタ
  • 有料ソフトのためバグや要望のサポート対応がある
  • 有料とは言え価格が安い(PROなら5000円)
  • 手振れ補正が優秀

 

クリスタをオススメする主な理由はこの辺です。イラストを続けていくなら、今買わなくても最終的にクリスタを買う人は多いと思います。

厚塗りをガシガシする人であればクリスタ+フォトショップに落ち着く人も多いでしょう。

ただフォトショップはデザイン向きのソフトですし、手振れ補正についてはクリスタの方が優秀です。

それらの理由から、最初に買うペイントソフトならクリスタが使いやすいんです。

 

フォトショップ、SAIとの比較

クリスタ以外のだとフォトショップやSAIが有名なので、よく候補に上がりますよね。そんな主要ソフトとの比較表を作りました。

  CLIP STUDIO PAINT
(クリスタ)
SAI フォトショップ
料金 5000円 5400円 月額980円
得意分野 イラスト、マンガ イラスト 写真、デザイン
パソコンでの動作 軽い 軽い 重め
3D機能(※1) ×
手ぶれ補正
エフェクト
文字 ×
拡大と縮小(※2)
bit数 64bit 32bit 64bit

 

※1 3D機能について

クリスタにはアタリ用の背景や小物、キャラクターの3Dモデルがあり、それを配置してイラストのアタリにする事が出来ます。

簡単なモデルを作る3D機能ならフォトショップにもありますが、クリスタの3D機能は教室や人物素材があらかじめ用意されているので、気軽にアタリに出来るのが売りなんです。

3D機能については、こちらの記事が参考になるので見てみてください。

パースで迷った時に助かるクリスタの3D機能

パースが楽にしてくれる、クリスタの3D機能の紹介

続きを見る

※2 拡大と縮小について

イラストを描いていると拡大や縮小をしたい時が出てくると思います。ラフの時「ちょっとだけ頭を小さくしたい!」みたいな。

そんな時に便利なのが自由変形と言う機能ですが、SAIの自由変形は拡大したい絵を中心とした拡大縮小が出来ません。(必ず左上が拡大縮小の基点となります)

そのためSAIでは自由変形機能がちょっと使い難いです。

クリスタの評価が○の理由

またクリスタの「拡大と縮小」評価が○の理由は、クリスタではイラストとテキストをまとめて拡大、縮小する事が出来ないからです。(フォトショップは出来ます)

そのため「拡大と縮小」の評価を○としました。「デザインはフォトショップで!」と言う人が多いのは、この辺も理由の1つですね。

ただマンガについては、クリスタのフキダシやコマ割りなどマンガ専用機能が便利なので、クリスタの方が優れています。

クリスタと似ているSAIについて

SAIは内容的にはクリスタに近いですが、SAIの場合注意しなければいけない点があります。

それはSAIが32bitアプリだと言う事。なので、もし大きな絵を描く場合SAIだとメモリが足りなくて、動作が不安定になる事があるんですよ。

今開発が進められているSAI2ではその辺も改善されるようですが、まだ開発段階という事もあり安定性を求める場合はSAI(無印)が推奨されています。

製品化前の開発段階のものでありまだまだ不具合が出る可能性が高いので、安定したソフトウェアを必要とされる方は決してこのバージョンを使用なさらないでください。 また、このバージョンはコンピュータの基本的な知識や操作を習得されている方を対象としています。製品版と同様のユーザーサポートは行っておりませんのであらかじめご了承ください。

SAI2について

初心者は買い切り形のソフトがオススメ

ペイントソフトを購入する時に気おつけたいのは、買い切りか、月額制か?です。

買い切りなら1度購入すればずっと使えますが、もし月額制だと1ヶ月ごとに使用料を払う事になってしまいます。

上で上げたソフトの中では、フォトショップが月額制になるため、使う際は注意してください。

ちなみに、値段については「クリスタPRO」が5000円「SAI」が5400円で「フォトショップ」が月額980円です。

 

クリスタの強み

ここからはクリスタの強みについて触れていきます。比較対象は主要ペイントソフトの「SAI」と「フォトショップ」です。

クリスタはイラスト、マンガ関係の作業に強い

クリスタをオススメしたい1番の理由は、クリスタが万能だからです。(簡単なエフェクト加工もできて、線画も得意、しかも文字入力も出来るので)

特に線画の手振れ補正がとても優秀です。手振れ補正については「SAI」も同じくらい優秀ですが32bitアプリと言う事もあり、今はクリスタを良いと思います。

フォトショップもかなり手振れ補正が出来る様になりましたが、単純にイラストや漫画を描くならクリスタが良いですね。

フォトショップでイラストを描く人もいますが、初心者が気持ちよく線を引くならクリスタです。

配布されている素材が豊富

クリスタでは最初から3Dモデルの人物や教室が配られていて、それらを参考にイラストを描くことが出来るんです。

また素材を作成して配布する事も出来るので、配布されている素材が豊富です。しかも日本製なので、日本人向けの素材が多いのも良いですね。

「クリスタ」「SAI」「フォトショップ」の体験版

「クリスタ」「SAI」「フォトショップ」の体験版の3つにはそれぞれ体験版が用意されています。

下に体験版へのリンクを貼ったので、比較する際に参考にしてみてください。

 

体験版の日数について

クリスタの体験版は30日間です。また保存など全ての機能を使用するためには「CLIP STUDIOアカウント」への登録が必要です。

また「SAI」は31日間、「フォトショップ」は7日間で、ダウンロードには「Adobe ID」が必要です。

クリスタの種類について

クリスタにはPROとEXなど種類がありますが、種類についてはこちらの記事が参考なると思います。

クリップスタジオの違い
どれがいいの?クリップスタジオの種類と違い

クリップスタジオの「DEBUT」「PRO」「EX」について

続きを見る

 

こちらはクリスタEXのマンガ向け機能の紹介をしています。

マンガ用の機能がプラスされたクリスタEX
マンガ専用の機能がプラスされたクリスタEX

マンガを描く人向けのソフト「クリスタEX」のマンガ専用機能を紹介しています

続きを見る

 

また、こちらではクリスタを安く買う方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

クリスタ 安く
クリップスタジオを1番安く買う方法

クリスタを安く買う方法や、バリュー版について紹介しています

続きを見る

 

最後に・・・

今はいろいろなソフトがあって迷ってしまいますが、この記事をみて少しでもイラストを描く時間を作れれば嬉しいです!

 

-イラスト, クリスタ

Copyright© ima-color , 2018 All Rights Reserved.