デジタルイラストならピクシブで利用率No.1のクリスタがおすすめ

更新日:

クリスタ 価格

この記事は「「クリスタ」に興味があるけど、まだ迷っている・・・」という人の背中を押す内容になっています。

ですので「クリスタ購入の決め手がもっと欲しい!」と言う人は参考にしてみてください。(笑

無料ペイントソフトのデメリットは探す手間がかかる事

よくある失敗として高性能なフリーソフト探しに時間を使ってしまい、その間にイラストへの熱が冷めてしまうと言うものがあります。

せっかくイラストに興味を持ったのに始める前に熱が冷めてしまうのは勿体無いですよね。

ですので、個人的には熱が冷めないうちに「クリスタ」で始める事をおすすめしたいです。

クリスタはピクシブや専門学校でも使われている定番のソフト

クリスタはその信頼性からピクシブや専門学校でも使われているペイントソフトです。

昔は「SAI」や「ペインター」「フォトショップ」が絵描きの間で流行っていましたが、今は「クリスタ」と「フォトショップ」がよく使われているのを目にします。

その「フォトショップ」を差し置いて「クリスタ」をすすめる最大の理由は「クリスタ(PRO)」が5000円の買い切り型だからなんです。

「フォトショップ」も良いソフトですが、こちらは毎月980円の料金がかかってしまうので、はじめてのイラストなら「クリスタ」の方が良いと思います。

有料でクリスタを使うメリット

グレードによって値段は違いますがイラスト向けの「クリスタPRO」なら税込5000円です。(マンガ作成機能がそなわった「クリスタEX」は23000円)

人によっては有料のソフトに抵抗があるかもしれませんが「クリスタPRO」はグラフィック系ソフトにしては安価ですし、サポート対応もしっかりしていて要望や不具合の対応も早いです。

無料でも良いソフトはあると思いますが、フリーソフトは突然の開発終了やサポート対応の遅延もありますし、何より優良なフリーソフトを探すのに手間もかかります。

それを考えると5000円で「クリスタ」を購入し、あまった時間をイラスト作成に使った方がとても有意義だと思います。

こちらのリンクから「クリスタ」の価格や体験版がダウンロード出来るので、まずはその書き味を試してみてください。

クリスタを選ぶ理由まとめ

クリスタがおすすめな理由をまとめましたので、参考にしてみてください。

クリスタの理由

  • クリスタはピクシブや専門学校、プロの利用者も多くソフトとして信頼できる
  • 無料ソフトを探すなら、その時間をイラスト作成に使いたい
  • 有料ソフトのため要望や不具合のサポート対応が良い
  • グラフィック系の中では安い(PROなら5000円)
  • 描いていて楽しい

続けていくと「フォトショップ」も使いたくなるかもしれませんが、はじめてのイラストなら絶対に「クリスタ」と言えるほど「クリスタ」は良いソフトです。

なので「クリスタ」で失敗した・・・なんて事にはならないかと。

クリスタを見てみる

「クリスタ」「フォトショップ」「SAI」の比較

「クリスタ」以外の良く名前のあがる「フォトショップ」と「SAI」を比較しました。

  CLIP STUDIO PAINT
(クリスタ)
SAI フォトショップ
料金 5000円 5400円 月額980円
得意分野 イラスト、マンガ イラスト 写真、デザイン
パソコンでの動作 軽い 軽い 重め
3D機能(※1) ×
手ぶれ補正
エフェクト
文字 ×
拡大と縮小(※2)
bit数 64bit 32bit 64bit

※1 3D機能について

クリスタにはアタリ用の背景や小物、キャラクターの3Dモデルがあり、それを配置してイラストのアタリにする事が出来ます。

簡単なモデルを作る3D機能ならフォトショップにもありますが、クリスタの3D機能は教室や人物素材があらかじめ用意されているので、気軽にアタリに出来るのが売りなんです。

3D機能については、こちらの記事が参考になるので見てみてください。

パースで迷った時に助かるクリスタの3D機能

パースが楽にしてくれる、クリスタの3D機能の紹介

続きを見る

※2 拡大と縮小について

イラストを描いていると拡大や縮小をしたい時が出てくると思います。ラフの時「ちょっとだけ頭を小さくしたい!」みたいな。

そんな時に便利なのが自由変形と言う機能ですが、SAIの自由変形は拡大したい絵を中心とした拡大縮小が出来ません。(必ず左上が拡大縮小の基点となります)

そのためSAIでは自由変形機能がちょっと使い難いです。

クリスタの拡大と縮小の評価が○の理由

またクリスタの「拡大と縮小」評価が○の理由は、クリスタではイラストとテキストをまとめて拡大、縮小する事が出来ないからです。(フォトショップは出来ます)

そのため「拡大と縮小」の評価を○としました。「デザインはフォトショップで!」と言う人が多いのは、この辺も理由の1つですね。

ただマンガについては、クリスタのフキダシやコマ割りなどマンガ専用機能が便利なので、クリスタの方が優れています。

クリスタと似ているSAIについて

SAIは内容的にはクリスタに近いですが、SAIの場合注意しなければいけない点があります。

それはSAIが32bitアプリだと言う事。なので、もし大きな絵を描く場合SAIだとメモリが足りなくて、動作が不安定になる事があるんですよ。

今開発が進められているSAI2ではその辺も改善されるようですが、まだ開発段階という事もあり安定性を求める場合はSAI(無印)が推奨されています。

製品化前の開発段階のものでありまだまだ不具合が出る可能性が高いので、安定したソフトウェアを必要とされる方は決してこのバージョンを使用なさらないでください。 また、このバージョンはコンピュータの基本的な知識や操作を習得されている方を対象としています。製品版と同様のユーザーサポートは行っておりませんのであらかじめご了承ください。

SAI2について

初心者は買い切り形のソフトがオススメ

ペイントソフトを購入する時に気おつけたいのは、買い切りか、月額制か?です。

買い切りなら1度購入すればずっと使えますが、もし月額制だと1ヶ月ごとに料金が発生してしまいます。

上でのソフトの中では、フォトショップが月額制なので使う際は注意してください。

ちなみに、値段については「クリスタPRO」が5000円「SAI」が5400円で「フォトショップ」が月額980円です。

クリスタの強み

比較したのは「SAI」と「フォトショップ」です。

クリスタはイラスト、マンガ系の作業に強い

「クリスタ」をおすすめしたい理由の1つに、「クリスタ」がわりと何でもできると言うのがあります。(簡単なエフェクト加工もできて、線画も得意、文字入力も出来る)

特に線の書き味が気持ち良く、それを可能にしているのが「クリスタ」の手振れ補正です。

書き味については「SAI」も「クリスタ」と同じくらい良いですが「SAI」は32bitアプリなので今はクリスタを推しています。

「フォトショップ」もかなり手振れ補正が出来る様になりましたが、単純にイラストや漫画を描くならクリスタの方が便利ですし楽しいですね。

「フォトショップ」でイラストを描く人もいますが、初心者が気持ちよく線を引くなら「クリスタ」かなと。

配布されている素材が豊富

クリスタでは最初から3Dモデルの人物や教室が配られていて、それらを参考にイラストを描くことが出来るんです。(360度どの角度からも見れる3D素材です)

また素材を作成して配布する事も出来るので、配布されている種類が多いのも良いですね。

「クリスタ」「SAI」「フォトショップ」の体験版

「クリスタ」「SAI」「フォトショップ」の体験版の3つにはそれぞれ体験版が用意されています。

下に体験版へのリンクを貼ったので、比較する際に参考にしてみてください。

体験版の日数について

クリスタの体験版は30日間です。また保存など全ての機能を使用するためには「CLIP STUDIOアカウント」への登録が必要です。

また「SAI」は31日間、「フォトショップ」は7日間で、ダウンロードには「Adobe ID」が必要です。

クリスタの種類について

クリスタにはPROとEXなど種類がありますが、種類についてはこちらの記事が参考なると思います。

クリップスタジオの違い
どれがいいの?クリップスタジオの種類と違い

クリップスタジオの「DEBUT」「PRO」「EX」について

続きを見る

こちらはクリスタEXのマンガ向け機能の紹介をしています。

マンガ用の機能がプラスされたクリスタEX
マンガ専用の機能がプラスされたクリスタEX

マンガを描く人向けのソフト「クリスタEX」のマンガ専用機能を紹介しています

続きを見る

また、こちらではクリスタを安く買う方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

クリスタ 安く
クリップスタジオを1番安く買う方法

クリスタを安く買う方法や、バリュー版について紹介しています

続きを見る

最後に・・・

今はいろいろなソフトがあって迷ってしまいますが、この記事を参考に自分にあったソフトを選んでみてください!

 

 

-イラスト, クリスタ

Copyright© ima-color , 2018 All Rights Reserved.