どっちがオススメ?SAI2はクリスタを超えられるのか?

更新日:

絶賛開発中の「SAI2」ですが、アップデートされてどこがパワーアップしたのか?「クリスタ」との差はあるのか?が気になったので調べてみました。

「クリスタ」が発売してからは先を越されっぱなしの「SAI」ですが、今回のアップデートで何処まで「クリスタ」に迫る事が出来たのでしょうか?

スポンサーリンク

「SAI2」に追加された新機能

「SAI2」には新しい機能がかなり増えていていますが、その中で僕が気になった「これは!」と思った新機能をまとめました。

機能としては地味なものが多いですが、作業スピードを上げる上では結構重要な機能ばかりです!

「SAI2」は複数のレイヤーを選択可能、フォルダの中にフォルダを作る事も出来る

今までは複数のレイヤーを選択したり、フォルダの中にフォルダを作る事が出来ませんでしたが、それらが今回のアップデートで可能になりました。

SAI2との比較

 

フィルターに「ガウスぼかし」が追加

ついに「SAI2」にも便利な「ガウスぼかしフィルター」が追加されました。このフィルターをかけるとこんな感じで画像をぼかせて、なかなか便利です。

SAI2 ガウス

 

使いどころとしては遠近感を出したり、ぼかした画像を重ねてやさしい印象にしたり・・・と言う感じでしょうか。

例えば下の元画像にぼかした画像をのせると・・・

SAI2 ガウス

 

SAI2 ガウス

 

こんな感じで少し優しい雰囲気になります。(マンガとかイラストでよくあるやつです!)

以前ならこういった加工は「クリスタ」や「フォトショップ」で行うのが王道でしたが、今回のアップデートで「SAI2」でも出来るようになりました。

ちなみにやり方はこんな感じです。

「ガウスぼかしフィルター」でぼかしたレイヤーを2つ複製し、1つを「オーバーレイの不透明度40%」もう1つを「通常の不透明度20%」と設定して下の画像のように並べるだけですね。

 

「グラデーションツール」の追加

「SAI2」の「グラデーションツール」はグラデーション(以下 グラデ)の加減を目で見て調整できます。

下の画像はグラデをかけた所で、赤い部分がグラデ部分です。目で見て調整できるので他のソフトよりも色加減が分かりやすいですよね。

また「SAI2」のグラデは確定ボタン(ENTER)を押さなければ、グラデ範囲やグラデの角度を何回でも調整できるます。

SAI2 グラデ

 

「SAI2」のグラデの良い所をまとめると、こんな感じです。

  • グラデの色加減を確認しながらグラデをかける
  • グラデの調整は「確定ボタン」を押すまで何度でも調整可能

「クリスタ」や「フォトショップ」にも似たような機能はありますが、SAI2のほうが直感的に分かりやすいですね。

「文字ツール」の追加

追加された「文字ツール」は文字が縦書き、横書きが出来て、ちょっと文字を入れるだけなら「SAI2」のみで作業可能になりました。

感触としては「クリスタ」や「フォトショップ」より動作が軽いのも良いですね。

ただ「クリスタ」「フォトショップ」のように文字に白の縁取りをするには文字をラスタライズ(文字の編集不可能な状態)にしないと縁取り効果をつけられないようです。

なので、縁取りの頻度が多いとちょっと大変かも(汗

文字のラスタライズ方法は、メニューバーの「レイヤー」→「ラスタライズ」で行う事が出来ます。

SAI2 文字ツール

 

そして文字をラスタライズしたら「レイヤー」→「境界線を描く」で縁取りが出来るようになります。(画像はそのまま境界線を描くことが可能)

SAI2 文字ツール

 

また境界線の太さはプレビューを確認しながら調整できます。

SAI2 文字ツール

 

「漏れ出し防止機能」が追加

「SAI2」にもついに「漏れ出し防止機能」が追加されました!

「漏れ出し防止機能」とは線と線がつながっていない所に「バケツツール」で塗りつぶしを行っても、色がはみでない様にしてくれる機能です。(すごく便利です!)

今までだと線画に隙間があるとバケツツール(塗りつぶし)が使えませんでした。

SAI2の漏れ出し防止機能

 

隙間がある線画にバケツツールを使うと画面全体が塗りつぶされてしまいます。

SAI2の漏れ出し防止機能

 

でも「SAI2」の「漏れ出し防止」機能を使えば、線画に隙間があっても色が全体に広がらなくなります。

参考画像では「漏れ出し防止幅」の設定を15pxとしましたが、数値を上げればもっと大きな幅にも対応できそうです。

SAI2の漏れ出し防止機能

 

その他の新機能

その他にも「SI2」にはパース定規などの新機能が追加されています。パース定規などは、僕があまり使っていないので今回の比較はみおくりました(汗

さらに追加機能についての詳細を知りたい人は、こちらのリンクから公式ページで確認してみてください。

公式サイト(下のリンク)の「Ver.1 からの改良点など」という項目から新機能一覧が確認できます。

 

スポンサーリンク

SAI2で使いにくかった点

「SAI2」を使っていて気になったのは、各パラメーターで数値入力ができない点です。(文字ツールは出来ました)

ささいな事だけど時間に終われて作業をしていると、けっこう気になります(汗

 

「クリスタ」が「SAI2」より優れている機能

アップデートして大分「クリスタ」との差を埋めてきた「SAI2」

その「SAI2」と「クリスタ」を比べて、まだまだ「クリスタ」にアドバンテージがありそうな機能の一部を紹介します。

「SAI2」か「クリスタ」か?で迷っている人は参考にしてみてください。

クラウド機能

クラウド機能とは「クリスタ」の設定や素材をどのPCでも使えるようにする機能なんです。

例えばクラウド機能を使うと、家にあるクリスタの設定を学校や職場で使うことが出来ます(同期できます)直接作業には関係ないけど、なかなか便利な機能ですよね。

下は公式からの引用です。

クラウドサービスは、作成した作品や素材、ソフトウェア設定を、異なる環境で共有することができるオンラインサービスです。ご利用には、CLIP STUDIOをログイン状態で起動している必要があります。

 

クライドについて

 

オートアクション

オートアクション機能は「フォトショップ」にも搭載されている機能です。

どのような機能かと言うと、A、B、Cの単純な作業を「クリスタ」に覚えさせると次からはボタン1つで「クリスタ」が自動的に作業をしてくれる機能になります。

複雑な作業は出来ませんが、単純作業だけど数が多い・・・と言う場合に便利です。

フィルターや調整レイヤーの種類が多い

「SAI2」にあるフィルタは全3種なのに対し「クリスタ」は倍以上あって、比べてみるとその差は歴然です。

「SAI2」のフィルター

SAI2のフィルター

 

SAI2のフィルター

 

「クリスタ」のフィルター

クリスタのフィルター

 

クリスタのフィルター

 

クリスタのフィルター

 

クリスタのフィルター

 

クリスタのフィルター

 

クリスタのフィルター

 

クリスタのフィルター

 

「クリスタ」独自のマンガ系の機能

「クリスタ」はマンガ製作も視野に入れていることもあり、吹き出しやコマ割りを簡単に作れる機能があります。

そう言ったマンガ系の機能が「クリスタ」の特徴であり「SAI2」にはない強みですね。例えば「クリスタなら」吹き出しもこんな感じで簡単に作れます。

また、吹き出しの枠内は自動で白背景がしかれるようになっているので、自分で塗りつぶす手間がないのも魅力ですね。

クリスタの吹き出し

 

こんな感じのフラッシュ効果も1~3秒くらいで作れます。

クリスタのフラッシュ

 

現状の「SAI2」は不具合が出ちゃうかも・・・

良い感じに新機能が追加されている「SAI2」ですが、実はまだ製品版じゃありません。

下は公式サイトからの引用ですが、安定を求めるなら「SAI(無印)」を推奨しているみたいですね。

製品化前の開発段階のものでありまだまだ不具合が出る可能性が高いので、安定したソフトウェアを必要とされる方は決してこのバージョンを使用なさらないでください。

https://www.systemax.jp/ja/sai/devdept.html

 

こまめに保存をすれば「SAI2」でも問題ないかもしれませんが、締め切りがある作業をする人は「SAI(無印)」や「クリスタ」を使ったほうが安全かもしれませんね。

ちなみに上書き保存のショートカットは「Ctrl+S」なのでこちらを使い保存すると簡単です。

進化した「SAI2」だけど「クリスタ」を超えるのはまだ難しそう

「SAI」に比べてすごい進化をとげた「SAI2」ですが、まだまだ「クリスタ」を超えるのは難しそうですね。

SAI陣営はクリスタ陣営に比べて少ない人数で開発しているようなので、なかなか難しいのかもしれないですが・・・

「クリスタ」と「SAI2」のどちらがおすすめ?

今は「SAI2」が高機能な「クリスタ」を追いかけている状態なので「どうしても「SAI」の書き味(クセ)じゃないと嫌!」と言う人以外は「クリスタ」を選んだ方が無難だと思います。

また会社の規模も「クリスタ」の方が大きいため、サポート面(対応速度など)が充実しているのもメリットの1つです。

ですので「どうしても「SAI2」を使ってみたい!」のような強いこだわりがない場合は「クリスタ」を選んだ方が失敗が少ないように思います。

「クリスタ」と「SAI2」の体験版をダウンロードして比べてみよう!

「クリスタ」と「SAI2」には体験版があります。

結局のところ自分で試してみるのが一番分かりやすいと思うので、購入のまえにぜひ体験版で使い心地を試してみてください。

 

「SAI2」体験版のダウンロード場所

「SAI2」のダウンロード場所がちょっと分かり難いので、補足しておきます。

上の体験版のリンクから「SAI2」を選んで「SAI」の降雨式ページに移動します。

そして画面中ほどまでスクロールすると、こちらのような画面があるので

 

その下にある「SAI Ver.2 64bit - 2018-06-14b 進捗報告版 」または「SAI Ver.2 32bit - 2018-06-14b 進捗報告版」から「SAI2」の体験版をダウンロードできます。

多くのユーザーが使っている「クリスタ」のアドバンテージ

イラストソフトで多くのシェアがある「クリスタ」ですが「沢山のユーザーが使っている」というのは意外と大切なんです。

使っている人が多いソフトではアクシデントの際、わりとすぐ解決策が得られますし、素材なども手に入りやすかったりします。

そう言った面でも、これからイラストを始める人には「クリスタ」は扱いやすく良いと思います。(プロも使っていると言う事はSNSなどで、プロのHowtoも流れてきますよ!)

今「SAI」を使っている人は「SAI2」もあり

まだペイントソフトをもっていない人は「クリスタ」がおすすめですが、既に「SAI」を購入済みの人は「SAI2」でも良いかもしれません。

なぜかと言うと「SAI」ユーザーは「SAI2」を追加料金なしで使えるからです。(「SAI2」は「SAI」のライセンスが使えます)

なので「SAI」を使っている人は「SAI2」でもいいかも?

「クリスタ」と「SAI2」のまとめ

最後にこの記事のまとめです。

主観的な意見も入りますが、「クリスタ」と「SAI2」の比較をまとめるとこんな感じです。

記事のまとめ

  • 「SAI2」が「クリスタ」を超えるのはまだ時間がかかる
  • これからイラストを始める人は「クリスタ」を買うと損をしない
  • でも「SAI」のライセンスがあるなら「SAI2」を使うのもあり

 

また以前「クリスタ」を安く買う方法を紹介したので、損をしないためにも購入予定の人は読んでみて下さい。

クリスタ 安く
クリップスタジオを1番安く買う方法

クリスタを安く買う方法や、バリュー版について紹介しています

続きを見る

 

 

-イラスト, クリスタ

Copyright© ima-color , 2018 All Rights Reserved.