動画師がボカロ動画を作るには? 第1話

更新日:

ボカロ動画も何曲かニコニコにアップして、そろそろこの活動にもなれてきました。で慣れてくると、どうしたら効率よくボカロ動画が作れるか?みたいな事を考える様になったんですよね。

そんな訳で、ここでは「こうしたら良いんじゃない?」って流れや注意点を、ゆる~くまとめようかなと思い、この記事にまとめました

スポンサーリンク

技術的な話じゃなくて

ここではAfter Effects(以下 AE)やPhotoshop(以下 フォトショ)の技術的な話ではなくて、作業の流れについて考えていこうと思います。

ボカロ動画を作ってみたけど、なんか上手くいかなかった・・・とか、これから作りたいけど、どうしたら良いんだ!見たいな人向けの話です。

因みにこれがニコニコにアップした僕が作った動画です。もちろん一人ではなく、ネットで集った人らと作りました。

mylist/40501052

スポンサーリンク

各メンバーはピアプロやTwitterで探そう!

メンバーを集めるのって大変ですよね。

僕の場合メンバーはほとんど「ピアプロ」というSNSで見つけました。ここには各メンバーを募集する掲示板があるので、そこでメンバーを確保する感じです。ただ、もっと積極的に探すならば「Twitter」も良いかもしれないですね。

「Twitter」の場合は自分から積極的に声をかけていくのがいいと思います。動画師は待ってても声かけてもらえるかもだけど・・・

piapro公式

 

twitter公式

 

動画師は手を上げれば、すぐメンバーに加えてもらえるかも?

少し古い話になってしまいますが、僕の作っていた時代だと動画師が圧倒的に少なかったんですよ。なので「動画作りたいです!」って手を上げれば直ぐにメンバーに加えてもらえる事が多かったです。やっぱり動画ってめんどくさい作業が多いので(笑

ちなみに印象として、作詞、イラストは人が多くて競争率が高かった気がします。

過去作品を求められるかも?

「ピアプロ」の掲示板に書き込んだり「Twitter」でコメントを送って連絡を取るじゃないですか、そうしたら大体「作品を見せてもらう事は出来ますか?」・・・みたいな話になるんですよ(笑

なので過去作品はあったほうが良いです。その方が良い結果を得られやすい。作品を作った事がないのと、作った事があるのとでは、天と地ほどの差があるので(汗

ただボカロ動画じゃなくても、過去に作った曲やイラスト、動画があればOKだと思います。過去作品が見たいというのは、ちゃんと作品をつくりきれる実力と根気があるか?を知りたいからなので。

メンバーの種類はこんな感じ

ボカロ動画を作る際の分担は大体こんな感じです。この役割分担はかなり結構ざっくり分けてますが、実際は掛け持ちしたり、もっと細かく分ける・・・なんてグループもあるかも?

作詞師・・・・歌詞を作る人

作曲師・・・・曲を作る人

調教師・・・・ボーカロイドの声の調整をする人

動画師・・・・動画を作る人

絵師・・・・イラストを描く人

動画師の作業はこんな感じ

僕の作業担当は動画師でした。

動画師の作業としては、絵師に貰ったイラストを動かしたりするのが主な作業です。だけど絵師からもらえるイラストって大体1~2枚とかだったりするじゃないですか?(笑

なのでそれらをどう動かして、画面を持たせるのか?なんかも考えられた方が良いかもしれないです。まぁ、どうしようもなくなったら静止画1枚で、歌詞だけ流す!・・・みたいなのもありだと思います(笑

可能であれば、動画師が素材を足しちゃう!なんてのも、良いかも知れないですけどね。動画師がものすごく大変になりますが(笑

スポンサーリンク

メンバーが集まってからの作業の流れ

動画を作る際はまず、メンバー内で相談して流れを決める事が多いと思います。

こういう時ってだいたい夢が語られるので、広げた風呂敷をたためない・・・何て事が起こりがちです。それを回避するためには、次の項目のこの辺の事を決めておいたら良いかもしれません。

動画全体の流れ

これは超必須です!真っ先に決めましょう!全体の流れが決められてないと、絵師が何処にどういうイラストを描いていいか分からないですからね。

また流れを決める際は文字で何分にこのイラストを表示させる!みたいなのを書く(字コンテ)のも分かりやすくてオススメです。そうすれば素材数とかイラスト枚数とかが把握しやすいです。

ちなみに当然字コンテに何も記載がない箇所は白紙です。そこもどうするか話し合いましょう。空白が多いと後で動画師が死にます・・・

イラストは何枚必要か?絵師は何枚描けるのか?

そんなに頻繁にイラストを書いていない人だと、恐らくボカロ動画で使うイラストは1~2枚描くのが限界だと思います。経験的に(汗

なのでクオリティーを上げたいからと言って、絵師の実力以上の量になりそうな場合は、絵師を増やすかイラストの枚数を減らした方が企画が上手く進行すると思います。

絵柄が変わっちゃいますけど、複数の絵師がいるのも面白いかも知れないですよ。または動画を1~2分程度に短くするとか・・・無理か(笑

タイトルや背景、装飾って絵師が作ってくれるの?

これも多分明確にしないと、イラストだけ出来上がって後はよろしく!っ手感じになると思います(笑

なので、相談している時に絵師が担当するのか?はたまた専用の人を用意するのか?など決めておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク

コツとしては夢を膨らませすぎない事

何かモノを作る場合に上手くいかない理由の1つに、夢を膨らませすぎて、作り手の実力をオーバーしてしまう・・・と言うのがあります。これはボカロ動画でも同じ事が言えます。なので動画作成のコツとしては自分の実力を正しく理解して、実力を大幅に上回るものを目標にしない・・・って事がコツです(笑

もちろん「ゆくゆくはこのハイレベルな動画に追いつくようなものを作る!」の様な将来的には!って感じの目標なら全然ありですけどね(笑

あとは締め切りから逆算して出来る事をする!ってのも大事です。やる事はいっぱいだけど、これはこの期間で可能なのか?って考え方ができると良いですね(笑

今回のまとめ

色々長々と書いたけど、まとめるとこんな感じかな?

各メンバーをピアプロorTwitterで探す

作る前に動画の流れを決めて、誰がどの程度作るのかを明確に!

実力をオーバーしたものは目標にしない

次回は絵師へイラストをお願いする時のサイズ指定の仕方とか、その辺について書こうと思います!

 

動画師として2回目のボカロ動画を作る時に 第2話

動画を作る際のサイズや、考え方について

続きを見る

 

-After Effects

Copyright© ima-color , 2019 All Rights Reserved.